現在日本人がプレイできるギャンブルには様々な種類があります。国営ギャンブルとして代表的なものに、競馬、宝くじ、パチスロなどがあります。そして、法律上はグレーな存在ではありますが、現在普及しているギャンブルにオンラインカジノというものがあります。パソコンやスマートフォンがインターネットと繋がっていれば、誰でも手軽に遊ぶことができるギャンブルの一種です。今回の記事では、これらのギャンブルをキャッシュフローが生まれるまでのスピード別にランキング形式で紹介しようと思います。やはりギャンブルは「今すぐお金が欲しい」と言う人がプレイするケースも多いです。参考にしてください。


1位:パチスロ

キャッシュフローが生まれるまでの速さで言えば、パチスロがダントツで速いです。台に現金を投入して、しばらくの時間、打てばすぐに結果が出ます。そして、その場でお金や景品に交換することができます。待ち時間というものはほとんど存在しません。

2位:競馬

競馬もキャッシュフローが生まれるまでの時間は短い方です。レースが終了した段階ですぐに換金することが可能になります。レースが始まる直前に馬券を購入すれば、待ち時間はレースをしている時間のみということになります。逆に早い段階で馬券を購入してしまうと、待ち時間は長くなります。とはいえ、入金してから報酬を受け取るまでの期間は長くても数日といったところでしょう。

3位:オンラインカジノ

オンラインカジノは、入金や出金に関しての手続きが非常に面倒です。そもそも日本国内ではカジノ自体が認可されていないため、海外のサイトを経由して入金や出金を行わなければならないという面倒さがあります。そして、報酬額をすぐに引き出せるかといえばそうではなく、ボーナスを受け取った場合、受け取ったボーナスの何倍もの金額の掛け金の条件をクリアしなければ出金することができないという条件があるのです。そのように考えると、キャッシュフローが生まれるまでの道のりはかなり長いといえます。

4位:宝くじ

キャッシュフローが生まれるまでの期間が最も長いのは宝くじです。宝くじは、購入してから当選番号が発表されるまで数週間待たなければいけません。中には宝くじを購入したことを忘れてしまう人がいるほどです。その分当選した時の金額は大きいので、他のギャンブルとは少し異なる特殊な位置づけにあるものだと考えられます。

まとめ

キャッシュフローが生まれるスピードランキングは、パチスロ、競馬、オンラインカジノ、宝くじの順番になりました。それぞれのギャンブルに楽しみ方の違いや、一長一短があるため、これだけが全てではありませんが、参考にしてみてください。