エコカードは使えるカードなのか?その機能と申請方法

エコペイズに登録すれば、エコペイズの口座に入金するにはクレジットカードを利用したり銀行振込を利用したりすることができます。
しかし、エコペイズの口座から出金する際には、クレジットカードへの振込みということはできず、銀行振り込みしか手段がありません。

しかし、エコカードというカードを発行することによって、ATMでもお金を引き出すことができるようになります。
今回の記事では、そのエコカードからお金を引き出す際の条件やエコカードの申請方法をお伝えします。

エコカードは使えるカードなのか?その機能と申請方法

ecoカードでお金を引き出す条件

エコカードとは、マスターカードブランドのデビットカードです。
エコペイズの口座に残高があれば、その金額を直接クレジットカードのように使ったり、ATMから出金したりすることができるようになります。
日本国内ではセブンイレブンのセブン銀行や、郵便局にあるゆうちょ銀行でお金を引き出すことができます。

ちなみに、エコペイズの次にオンラインカジノの決済会社として提携カジノの数を増やしているアイウォレットはデビットカードではなくプリペイドカードで出金する形になるため、カードにチャージする際の手数料がかかります。
そういった意味で、他社サービスと比較しても使いやすいカードだといえるでしょう。
エコカードの1回あたりの手数料は、ATM出金手数料が2%、為替手数料が2.99%です。

つまり合計約5%が手数料として取られてしまうと考えられます。
ただ、カードを所持しているだけではランニングコストはかかりませんのでありがたいです。

1日あたりのATMでの最大の取引額は250ドル。
最大取引回数は3回なので、ATMから1日に引き出せる最大の金額は750ドルということになります。

エコカードの申請方法

エコカードを申請するためには、まずアカウントをシルバーアカウントにアップグレードする必要があります。
そのためには、マイページからセキュリティーの質問設定と登録メールアドレスの認証作業をしなければいけません。
その後、パスワードを入力し、質問を選択、その後答えを入力します。
最後にアップデートをクリックします。

すると確認メールが届くので、その確認メールに貼ってあるリンクからエコペイズのサイトに飛び、「コンティニュー」と書かれたボタンを押せば、メールアドレスの認証は完了です。
その後に本人確認書類と住所確認書類をアップロードし、1営業日から2営業日で問題がなければシルバー会員にアップデートされます。
エコカードの申請する際には、左側の「eco card」と書かれたボタンをクリックし、必要項目を入力すればOKです。

まとめ

このようにエコカードは多くのオンラインカジノプレイヤーにとって最も使いやすい決済サービスであると言えます。
ただし、手数料がパーセンテージでかかってくるため、1回あたりの限度額である250ドルを出金するとATM出金手数料が2%なので、5ドル取られてしまうということになります。
アイウォレットカードであれば何ドル出金しても固定で3ドルなので、手数料に2ドルの差が生まれます。

大きな額を出金するために何度も出金システムを利用する場合は、塵が積もって大きな差になる可能性があります。
このあたりのことも考えて利用する決済会社を決めると良いでしょう。