それぞれに魅力のある攻略法

今、オンラインカジノに多くのプレイヤーが集まっています。
それは何時でも何処でも、自由に時間を選べて、ギャンブルに参加できる気軽さ・手軽さがあるからかもしれません。

オンラインカジノはネット利用のギャンブルなので、パソコンを始め、スマホやタブレットを使える気楽なカジノギャンブルです。
特に先日、カジノ法案が国会で可決したことで、それまであまり注目されていなかったオンラインカジノに熱い視線が注がれる結果となったのかもしれません。

オンラインカジノの攻略法で稼げる?

オンラインカジノの攻略法で稼げる?

オンラインカジノには、色々なゲームがあります。
スロット、ルーレット、ポーカー、ブラックジャックなどのゲームです。
これらのゲームは、昔から色々なベット攻略法が考案されてきました。

有名なベット法は、マーチンゲール法、パーレー法、モンテカルロ法ですが、これらのテクニックを使って、ルーレットやカードで巧みに稼いでいる人が少なくないのです。
実践的には、どのような感じなのか見ていくことにしましょう。

マーチンゲール法

この攻略法は、昔から伝わってきた賭け方で、チップを勝つまで2倍ルールで賭けていきます。
例えば、ルーレットの偶数・奇数、赤・黒と、勝率50%のゲームで使えるオッズ2倍ののペイアウトに有効な方法です。

例えば、最初に100円を賭けたとしましょう。
この回で負けると、次の賭け金は2倍の200円。
負けが続くと、また2倍と賭け金を設定します。
このような賭け方をすることで、一旦勝った場合は最初の賭け金100円に戻して、再び同じ繰り返しをしていきます。

マーチンゲール法

マーチンゲール法は、負けて賭け金を失っても前回で賭けた倍の金額を賭けていくので、負けて失ったを賭け金を一気に取り返せるメリットがあるのです。
それなりに効果的な手法なのですが、デメリットとしては、勝って賭け金と同額の勝ちになる一方で、負けが続くと賭け金が膨れ上がることがあります。
ベットの攻略法としては、成功率は比較的に高いのですが、失敗した時の損失額が大きすぎるリスクがあります。

パーレー法

前項で説明したマーチンゲール法は、負けたら倍々方式でベット額を上げていきました。
欠点は、テーブルのリミットや賭け金の上限の課題があります。
ゲームの流れの中で、制限に当たり、全てを失う危険性があります。

しかし、パーレー法では、勝った次回のベット額を2倍に上げて賭ける方式です。
勝った時に限りベット額を上げるので、リスクが比較的に小さいことが特徴です。
賭け方は、とてもシンプルで、マーチンゲール法の逆の方法で逆マーチンゲール法とも言われています。

勝ったなら、次の賭け金は倍にするだけ。
負けた時点で賭け金を始めに戻してを賭けていきます。
パーレー法は、負けた時に利益を失ってしまうので、連勝を何回で止めるかが重要なポイントです。
この見極めにより、利益を残すか、全てを失うかという結果になるからです。

典型的な攻め方は、3連勝でリセット。
積極的な攻め姿勢でも、5連勝程度で止めることで増やしていくことが、理想的な姿勢かもしれません。
連続的に勝つことで配当を増やし続けることができますが、何れ利益を確定しないと、どこかのタイミングで損失を出してしまいます。

利益を確定させるタイミングを計りながら、お金が増やすことに専念すると同時に、負けることに対しての忍耐力も必要になってきます。
大事なことは、利益を確定させるタイミングを決める意思を強く持つことです。
理想的な連勝回数は、3回~5回連続に押さえておくのが、現実的な設定でしょう。

モンテカルロ法

モンテカルロ法は、独特の賭け方となっています。
ある規則性に基づき賭けていくのですすが、その規則は、1、2、3の数列を使っていきます。
この攻略法では、2倍、3倍の配当でも有効に活かすことができる柔軟性があります。

ルーレットだと、赤・黒、 奇数・偶数 のベットエリアに加え、 1~18、19~36で活かすことができます。
有効的の3倍配当なら、コラムベットやダースです。
特に00があるアメリカンタイプよりは、ヨーロピアンの方が確率的にこの攻め方の効果が高いと言えます。

モンテカルロ法

その一方で、賭け方が複雑なのが、難点。
そのためにこの攻略法を使うには、ペンと紙を用意して進めていくことです。
紙とペンを用意して、紙に「1、2、3」と書きます。
これらの数字がベット基本単位となり、次に両端の数字を足した額で賭けていきます。

はじめは、4で賭けることになりますが、負けた時は右端の数字の隣に「負けた時の賭け金額」を記入。
勝った時は両端の数字から2つずつ、合計4つの数を記入。
この作業を基本的なパターンとして、それ以降、同じ作業の繰り返しとなります。
数字が残り1個、もしくは、0個になったら、1セッションを終了させます。
その後は再び「1、2、3」に戻り始めていきます。

このやり方は、複雑な賭け方になるので、ビギナーは、メモを使いながら進めていくことで、慣れていくようにしましょう。

モンテカルロ法は、賭け方が複雑なの反面、1回勝つことで、それまでの負け分を取り返す性格の攻略法ではありません。
この攻略法の特性は賭け金の上がり方は、とても緩やかでテーブルのベットリミットや自己資金のことで悩む必要が少ないのがいいのです。

このような攻略法の特性とゲームの流れを呼んで使い分けながら、手堅く稼いでいくことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です