カジノ開始時の要確認事項について

オンラインカジノを始めるためのチェック項目

オンラインカジノを始めるためのチェック項目

年齢制限

オンライン以外のギャンブルと同じように、オンラインカジノにも年齢制限があります。
オンラインカジノは基本的に18歳未満は禁止、20歳以上でないとプレイできないこともあります。
規約は各オンラインカジノによって違うので確認をしましょう。

軍資金

カジノの中には無料でプレイできるものもありますが、無料で試せるものは少ししかプレイできないことが珍しくありません。
ギャンブルなのでお金をかけないと面白くないです。本格的に遊ぶなら軍資金が必要です。
軍資金といっても大金を用意する必要はなく、無理のない範囲で楽しめる程度の軍資金を用意するとよいでしょう。

クレジットカード

オンラインカジノを運営している会社は海外に拠点を置いているため、軍資金はドルやユーロの外資金を利用することになります。
そこで必要となってくるものがクレジットカードです。

銀行振り込みも可能なのですが、銀行振り込みは海外送金のための手数料がかかります。
クレジットカードによってはオンラインカジノへの使用を制限していることがあるので確認をしてください。

身分証明書

オンラインカジノで勝ってお金を引き出すとき、初回は必要になります。
一定額以上の払い戻しや定期的な口座の確認の際にも身分証明書が必要です。
身分を証明するものとしては、運転免許証やパスポートを利用できます。

オンラインカジノに登録しているアカウントの住所や電話番号と身分証明書の内容が違うと、払い戻しができないので注意が必要です。

スキャナー

身分証明書の提示はFAXまたはメールに画像を添付して行います。
FAXがない場合にはスキャナーを用意しておきましょう。

オンラインカジノの登録から払い戻しまで

まずは遊びたいオンラインカジノを選び、ソフトウェアをダウンロードします。
無料でプレイする場合も有料でプレイをする場合も同じです。ダウンロードが完了したらインストーラーを起動してインストールを開始します。

次にアカウントを作成します。
アカウント作成では氏名、生年月日、メールアドレスなどの個人情報を入力します。

ここで重要なのは、個人情報を入力するときに絶対に偽りを書いてはいけません。
仮に身分証明書とアカウントの情報が違うと払い戻しができなくなります。
また、入力の際には日本語対応をしていても半角英数を使用します。

アカウントの情報はメモをしておくとよいでしょう。

お金をかけて遊ぶには資金が必要で入金を行います。
入金にはクレジットカード、エコペイズ、電信送金(銀行振込)を利用できます。
クレジットカードによってはオンラインカジノへの使用ができないことがあるので確認をしてください。

払い戻しの際には、電子送金(銀行振込)、電子決算、小切手を利用できます。
引き出し上限が設定されているオンラインカジノがあるので上限額には注意が必要です。
出金の際には身分証明書の提示が必要なので、運転免許証やパスポートなど身分を証明できるものを用意しておきましょう。

オンラインカジノのボーナスについて

オンラインカジノのボーナスについて

オンラインカジノではさまざまなボーナスが用意されています。

ウエルカムボーナス

ウエルカムボーナスは登録をした際にもらえるボーナスで登録ボーナスとも呼ばれています。

初回入金ボーナス

始めて入金をした際にもらえるボーナスです。

追加入金ボーナス

ロイヤルティーボーナスとも呼ばれていて、ロイヤルカスタマーのために用意されています。

マンスリーボーナス

毎月もらえるボーナスです。

これらのボーナスを貰った場合、引き出しの際には条件が定められていることがあります。
この条件設定の理由としては、ボーナスをもらうだけで何もせずに引き出してしまう人がいるからです。
ボーナスの使用条件は各オンラインカジノによって決められていて、使用条件は変わることがあるのでその都度確認をしておくとトラブルを避けるために安心できます。

オンラインカジノが抱えている社会的問題

オンラインカジノはパソコンやスマホを使って簡単に遊べる点が魅力です。
そして、競馬やパチンコなどと比べて還元率が高いので、プレイヤーにとっては強い刺激になります。
そこで問題となってくることがギャンブル依存です。

カジノで負けてしまったとき、人間には「負けた分を取り戻そう」という心理が働きます。
負け続けていてもうダメかなと思ったとき、絶妙なタイミングで勝てるような仕組みになっていることが珍しくなく、不確かな確率で勝てるからこそギャンブルを続けたくなってしまいます。
オンラインカジノで借金返済、借金をしてギャンブルをするといったことは避けたいことです。

ギャンブ依存は病気です。
自分では気がつかないことがあるので、周囲の人の忠告を聞くようにしましょう。
そして、ギャンブル依存かなと思ったら専門の機関に相談をすることが大切です。

カジノカフェ逮捕・摘発例

カジノカフェ逮捕・摘発例

ネットカフェでオンラインカジノを遊ぶことをカジノカフェといいます。
海外のオンラインカジノ運営会社を通してオンラインカジノをプレイすることとは違い、日本国内でインターネットカフェなどを通じてカジノを行うことは博打とみなされてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です