オンラインで使える電子決済サービスのアイウォレット

最近はパソコンやスマホでお手軽にエンターテインメントや娯楽を楽しむことが可能になりました。
オンラインカジノも世界中では人気のジャンルとなってきているのですが、日本でもこちらは安全に遊ぶことができます。

もちろん勝てばそれだけペイアウトとして賞金がもらえるのですが、こういった入出金をするが故にオンラインカジノで遊ぶ際には電子決済サービスが必要になってくるのです。

今回はオンラインカジノで使われる電子決済サービスでも有名なアイウォレットの紹介をしていきたいと思います。

アイウォレットの基礎知識

アイウォレットは元々国際間での電子決済サービスとして利用できるサービスとなっています。
ショッピングはもちろんですし、様々なビジネスシーンでも活用されています。

このような色々な目的として使われるアイウォレットですが、オンラインカジノの入出金目的で使っても安心なので人気のサービスとなっています。
アイウォレットは2013年に設立されたサービスであり、イギリスと香港に本拠地があります。
アイウォレットの基礎知識
主にヨーロッパを中心に世界中で使える電子決済サービスとして色々な人が利用しています。
このアイウォレットは日本語にも対応しているので、初めての方でも安心して利用することができます。

こういった電子決済サービスを使う際にはそのセキュリティを気にする人は多いと思います。
アイウォレットは香港政府発行のライセンスであるMSO(MoneyServiceOperatorsLicense)を取得しているので、信頼性も優れているのが特徴です。
高いセキュリティ対策もしているので、世界中の色々な人がこちらを使って安全に取引をしているのです。

アイウォレットの便利な点

アイウォレットには色々と便利な点がありますが、中でも口座を開設する際の手間が非常に少なく簡単という特徴があります。
基本的な機能を使うだけならば個人情報を記入するだけで手続きが完了します。
およそ3分ほどで新規の口座開設が完了するので、オンラインカジノですぐにお金を入れて遊びたいという時にはとても便利になっています。

ただし基本的なサービスでの利用は、金額の上限が約1000ドルまでとなっているので注意しましょう。
仮にオンラインカジノで大勝をした際にこの上限があると一気に出金できない可能性があります。
この場合は新たに上限を上げるためにコースをランクアップさせる必要があります。

これには本人確認書類の提出が必要になるので、万が一の時に備えてあらかじめ提出をしてアップグレードをしておくといいでしょう。
本人確認書類はパスポートなど写真が付いている本人確認用のものと、公共料金の支払い書類など住所がわかるものと2つ必要になります。

アイウォレットは国際的な電子決済サービスとなっているので、口座内では様々な通貨を使うことができます。
一例としてはJPY(円)、USD(米ドル)、EUR(ユーロ)、CNY(中国人民元)、GBP(英ポンド)などがあり、自分に合った用途の通貨を選ぶことができます。
アイウォレットの便利な点

アイウォレットの入出金について

それではアイウォレットの入出金ついて説明していきましょう。
まずは入金にについてですが、銀行での国際送金、クレジットカード、国内銀行での振り込み、バウチャーでの購入などがあります。

特に最近日本国内での振り込みによる入金が可能となったので、より手軽に入金をすることができるのは便利です。
これら国際送金や日本の国内銀行による振り込みは銀行を通す必要があるので、反映されるまで多少時間が掛かるのは気を付けましょう。
反面クレジットカードやバウチャーでの入金はオンラインでの支払いとなるので、即座に入金がされます。

出金に関してですが、こちらはまず利用しているオンラインカジノからアイウォレットの口座に移すことが必要になります。
このアイウォレットの口座に移った残高を色々な方法で出金することができます。
自分自身の口座に送金することも可能ですし、アイウォレットは専門のプリペイドカードに送金をすることも可能です。
この専門のプリペイドカードを使うことで、ATMなどから出金をすることもできるので、このような使い方をしたいと思った方は申し込んでみるのもいいでしょう。

オンラインカジノで便利なアイウォレット

このオンラインカジノでほぼ必須である電子決済サービスですが、アイウォレットは気軽に作れるという点から初めての人にもおすすめできるサービスと言えるでしょう。
日本語にも対応していますし、専門のプリペイドカードを使うとATMからの出金も可能なのも便利な機能です。
オンラインカジノで便利なアイウォレット
ただしこれらのプリペイドカードも含めて、アイウォレットの手数料に関しては細かく定められているので、利用する際には手数料の項目はしっかりとチェックしておくといいでしょう。
もちろん口座開設は無料でできるので、他の電子決済サービスと使い分けをするということもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です