パーレイ法の弱点を補えるマーチンゲール法との組み合わせ

オンラインカジノの攻略法の中でも比較的リスクが低いものとして人気のパーレイ法ですが、連勝しなければ利益を出すことはできません。
そのため連敗してしまったり、連勝してもすぐに連勝が途切れてしまうと、資金は増えずに徐々に減っていってしまいます。
それが続いていくと、利益を出すどころか損失を取り戻すのに精一杯になってしまうこともあります。
そんな時におすすめなのが、パーレイ法だけでなくマーチンゲール法を組み合わせるという方法です。
この組み合わせは愛用している人も多い攻略法でもあります。
そこで今回は、パーレイ法の弱点を補うことができるマーチンゲール法との組み合わせについて紹介します。

パーレイ法とマーチンゲール法とは?

パーレイ法とマーチンゲール法とは?
パーレイ法とマーチンゲール法はどちらもオンラインカジノの2倍配当のゲームで利用することができる攻略法です。
パーレイ法は、基準となるベット額を決定し、勝った場合にはベット額を2倍に、負けた場合には基準のベット額から再度始めるという方法です。
そのため連勝すればするほど利益は大きなものになっていきます。
また連勝した場合は勝った額をそのまま賭けることになるので、負けてしまった場合にも損失としては自分が最初にかけたベット額の分だけに抑えることができます。
マーチンゲール法はパーレイ法とは逆で、負けた場合にはベット額を倍に、勝った場合は基準のベット額に戻して再度サイクルを始めていきます。
そのため負ければ負けるほどベット額は大きくなっていきますが、1度でも勝つことができれば累計ベット額以上の勝ち金がもらえるため、損失を取り戻すことができます。
ですがその際の利益は最初のベット額と同じ額になります。
パーレイ法は攻めの攻略法、マーチンゲール法は守りの攻略法として使われていて、逆の性質を持っていることからパーレイ法は逆マーチンゲール法と呼ばれることもあります。

パーレイ法とマーチンゲール法を組み合わせる?

パーレイ法とマーチンゲール法を組み合わせる?
パーレイ法とマーチンゲール法は逆の性質をもった攻略法です。
ですがこれらを組み合わせることによって、それぞれのメリットでデメリットを相殺することができます。
組み合わせることにより、より損失を出しにくくすることができます。
2つの攻略法を組み合わせる場合、基本はパーレイ法で進めていくことになります。
連勝している限りはパーレイ法を利用していき、負けてしまいパーレイ法に失敗してしまったときにマーチンゲール法に切り替えることによって損失をなくしていきます。
実際に例を見てみましょう。初期投資を1ドルで考えていきます。

1回目:パーレイ法で1ドルベットで勝ち、損益+1ドル
2回目:パーレイ法で2ドルベットで勝ち、損益+3ドル
3回目:パーレイ法で4ドルベットで負け、損益-1ドル
4回目:負けた後なのでマーチンゲール法で1ドルベットで負け、損益-2ドル
5回目:マーチンゲール法で2ドルベットで負け、損益-4ドル
6回目:マーチンゲール法で4ドルベットで負け、損益-8ドル
7回目:マーチンゲール法で8ドルベットで勝ち、損益±0

以上のようにパーレイ法で負けてしまった損失をマーチンゲール法で取り返すことができます。
ですがどこかでパーレイ法を止めなければ利益を確定させることができません。
そのため、どこまで連勝したらサイクルを終了するかを事前に決めておかなければいけません。

組み合わせる際の注意点とは?

パーレイ法とマーチンゲール法を組み合わせる際の注意点とは?
パーレイ法とマーチンゲール法はお互いのデメリットを消しあうことができるので、弱点をなくすことができる攻略法です。
そのため「究極の攻略法」と呼ばれることもあります。
ですが注意点がいくつかあります。
その注意点を理解しておかないと、思わぬ損失を出してしまったり、利益を出せない可能性があります。

①パーレイ法をやめるタイミングが重要
パーレイ法とマーチンゲール法を組み合わせた場合、パーレイ法で勝った際にしか利益を出すことができません。
そのため、利益を出そうとすると、パーレイ法をどこでやめるかが非常に重要になってきます。
パーレイ法を使う場合、何連勝したら辞めるかの基準を決めておく人も多いでしょうが、連勝数を多く設定してしまうとなかなかその連勝数に達することができず、最終的に利益が出ない可能性もあります。
逆に連勝数を少なくすると、利益は出やすくなりますが、利益自体は少なくなってしまいます。
そのため、どこにやめ時を持ってくるかによって結果が大きく変わってきます。

②マーチンゲール法が成功するかどうかにすべてがかかっている
パーレイ法とマーチンゲール法を組み合わせた場合、パーレイ法で出た損失をマーチンゲール法で取り戻すことになります。
ですがマーチンゲール法が成功しなかった場合は、損失を取り戻すどころか大きくなってしまいます。
上限なくマーチンゲール法を繰り返すことができれば損失が出ることは理論上ありませんが、実際にはマックスベットなどの問題もあるため、絶対に成功するという保証はありません。
また負ければ負けるほど1回あたりのベット額も大きくなっていくので、ある程度の資金の余裕も必要になってきます。

まとめ

パーレイ法もマーチンゲール法もどちらもそれぞれのメリットがある攻略法です。
ですがこの2つを組み合わせることによって、弱点をなくすことができ、リスクをより減らすことができます。
マーチンゲール法を成功させることができるかどうかによって結果は大きく変わってしまいますが、それを加味しても勝率を高めることができる方法であるといえます。
攻略法に興味がある人は、ぜひパーレイ法とマーチンゲール法を組み合わせてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です